過払い金の時効成立前に債務整理を。

  • 債務整理は弁護士に依頼して行うことが最適と言えます

    • 借金問題を抱えている人は全国で数百万人の数にのぼると言われており、電車や街中で広告を見かけることも多いと思います。



      借金の問題は弁護士事務所に相談することが可能で、法的な手段を用いることによって借金額の減額や支払いの免除を受けることもできます。



      借金を法的に解決する手続きのことを債務整理と呼んでおり、借金額の総額であったり、借り入れを行った年数などによってどの債務整理の手続きが債務者にとって適しているか異なってきます。



      どの債務整理の手続きを行う場合であっても、様々な種類の書類を準備することや裁判所への提出が必要になりますので、債務者個人で行うにはかなりの法律的な知識がなければ難しいと言えます。



      債務整理の中には債権者と直接的に交渉が必要になる手続きがありますが、個人で債権者と交渉を行うと事態を進展させることが困難な場合も十分に考えられます。



      経験豊富な弁護士に債務整理の依頼を行っておくと、適切に債権者と交渉を行ってもらえるので安心です。



      弁護士に相談するときには、戸籍謄本や運転免許証など本人確認が可能な書類や、借り入れをしている債権者の連絡先や住所、または現在支払いをしている明細書や借り入れの契約書、本人の収入が確認できる源泉徴収票や給与明細書などを用意しておくことがおすすめです。
      これらの書類は弁護士に借金相談を行うときに提出する必要があります。また、利息制限法で定められている金利を超えた上限金利で支払いをしているときには、過払い金を取り戻すことによって弁護士費用に充てることが可能なので、余分な費用をかけることなく依頼ができる場合もあります。

  • 関連リンク

    • 借金を返済するのが難しくなった時に、親や親戚にお金を借りるのはナンセンスです。相手が変わるだけで借金自体は減ることがないのですから、今度は親や親戚への返済が滞り、迷惑をかけてしまいます。...

    • 借金の返済が出来なくなる時には、返済が出来なければ催促なり督促なりがなされ、最終的には銀行口座などを差し押さえられることになります。そのような事態になる前に弁護士や司法書士などに借金の整理の相談を行うことで、借金問題の解決につながることがよくありますから、早めの相談が大切です。...