過払い金の時効成立前に債務整理を。

  • 債務整理のメリットとは

    • 債務整理とは借金を整理したり、返済義務を無くす法的手続きなど、お金を借りている人が困っている時に利用する手続きのことです。



      個人でも法的知識があれば可能な場合がありますが、一般的には弁護士などに依頼して手続きに踏み切ります。



      キャッシング関係の手続きが可能な法律事務所は現在では多いので、依頼できるところはさまざまなエリアにあります。


      大抵は借金相談を弁護士にして、その後に対応を考えたり、手続きを行うことになります。


      高い金利でキャッシングサービスを利用している場合は、支払い過ぎた利息が存在する場合が多いです。その場合は、支払い過ぎた分を取り戻すことができます。



      そういった手続きは過払い請求と呼ばれ、どの程度利息が戻ってくるかはお金の借り方次第です。



      大抵のケースでは金利が18%を超えると、過払いが発生するとされています。

      債務整理ではこの他に、民事再生や自己破産の手続きが可能な場合があります。


      民事再生は借金を減額し、長い時間をかけて返済していく手続きのことです。



      返済能力に関与した手続きで、民事再生ではなく自己破産の方が良いケースも少なくはありません。
      自己破産は借金の返済義務を無くす手続きで、借金が無かったことになります。
      債務整理のなかで最終手段とも呼べる手続きで、弁護士や親戚などと相談してから手続きに踏み切ったほうが良いこともあります。

      総じて債務整理は、状況に応じて適切な行動を取ることが大事です。



  • 関連リンク

    • 債務整理とは借金を整理したり、返済義務を無くす法的手続きなど、お金を借りている人が困っている時に利用する手続きのことです。個人でも法的知識があれば可能な場合がありますが、一般的には弁護士などに依頼して手続きに踏み切ります。...

    • 借金を返済するのが難しくなった時に、親や親戚にお金を借りるのはナンセンスです。相手が変わるだけで借金自体は減ることがないのですから、今度は親や親戚への返済が滞り、迷惑をかけてしまいます。...