転職をしたいと考えている保育士の方は多いものです。

その理由として多いのは、職場に対する不満の解消でしょう。
仕事の割に給料が安いと感じると、転職をしたくなるのはどの仕事にも言えることです。
リーダーを任されるようになると、管理職としての手当がつかないと不満に感じるでしょう。

そもそも転職とは不満や不都合を解消するために行うものであり、これが解消できないと意味がないのです。

安易な気持ちで転職をしてしまうと、今よりも悪待遇の職場を見つけてしまう可能性もあるでしょう。


事前に保育士求人サイトのエージェントに相談するなどして、適性診断、履歴書・面接指導なども受けていきましょう。



履歴書と面接に関しては、初就職の場合よりも厳しくチェックされます。

経験者として扱われるので、不備がないようにしておきましょう。



引越しを兼ねた転職をする場合は、その土地の物価なども考慮しておく必要があります。生活費が高額になるなら、それだけ保育士の給料も高くないとやっていけません。



首都圏は給与水準が高いですが、生活費も高くなるのが普通です。


例えば30代の保育士の方なら、年収で300万円以上は狙いたいところです。
年収で350万円以上もらえれば、保育士の給与としては高いほうだと考えていいでしょう。

仕事量に見合った給与をもらえる職場を見つけるためにも、エージェントに相談してみるべきです。非公開求人には高額案件が多いので、会員登録をしてから閲覧しましょう。