過払い金の時効成立前に債務整理を。

  • 過払い金の時効成立前に債務整理を。

    • 債務整理と並んで、「過払い金」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?そもそも、この過払い金とは一体なんなのでしょうか?過払い金とは、法律の改正によって発生するようになったものです。

      最高の家賃の弁護士関連情報サイトです。

      昔は、貸金業者に「出資法」というものが採用されていました。
      出資法では、利息の上限を29.2%に設定されており、それを越える金利をとると厳しい罰則が科せられていたのです。

      しかし、その後、「利息制限法」という新しい法律ができ、利息の上限が下がったのです。

      大阪の税理士なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

      けれど、利息制限法が制定された時点では、違法ではあっても厳罰はなかったために、消費者金融などは従来の出資法の利息を使い続けたのです。

      この差額のことを「グレー金利」と呼び、一時期この部分を「みなし弁済」として、条件を満たした貸金業者なら受け取ることができるという時期がありました。
      しかし、今現在では、このみなし弁済制度は撤廃されており、利息制限法を超える金利を支払った場合は、返還を求める権利があります。

      ただ、永遠に請求できるわけではなく、時効が10年と決められています。

      様々な分野の相続放棄の情報を多数ご用意したサイトです。

      ですから、少しでも早く債務整理をするほうがよいのです。

      さらに、すでに完済している借金に関しても、改めて見直すことをお勧めします。

      http://talk.m3q.jp/?topic_id=12&comment_content=%25255B%254013%25255D&page=966

      場合によっては、払う必要のない利息を支払ってしまっているかもしれません。

      https://okwave.jp/qa/q8981002.htmlの情報探しはそれほど難しくありません。

      その場合は、支払い過ぎた額に5%の利息をのせて請求することができます。

      http://girlschannel.net/topics/keyword/%E7%9B%B8%E7%B6%9A情報なら、こちらをご参考にしてください。

      債務整理は借金返済のめどを立てるだけではなく、逆に受け取れるという可能性をみつけることもあるのです。

  • 関連リンク

    • 借金問題を抱えている人は全国で数百万人の数にのぼると言われており、電車や街中で広告を見かけることも多いと思います。借金の問題は弁護士事務所に相談することが可能で、法的な手段を用いることによって借金額の減額や支払いの免除を受けることもできます。...

    • 借金を返済するのが難しくなった時に、親や親戚にお金を借りるのはナンセンスです。相手が変わるだけで借金自体は減ることがないのですから、今度は親や親戚への返済が滞り、迷惑をかけてしまいます。...